Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/zeirisi-higa/invest-okinawa.com/public_html/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
民泊新法「住宅宿泊事業法」 の北谷町議会の見解 | 沖縄不動産投資と民泊airbnb

民泊新法「住宅宿泊事業法」 の北谷町議会の見解

北谷町に物件を所有していて、民泊に対する北谷町の対応は気になるところです。
そんな中、北谷町議会の民泊に対する姿勢を伺える「議会だより」を読む機会がありました。

民泊新法「住宅宿泊事業法」 北谷町議会の見解

 民泊新法「住宅宿泊事業法」の内容を伺う
 従来の旅館業法に当てはまらない新しい「民泊事業」に関して規制する法律、「既存の住宅を活用した宿泊の提供」の「民泊営業」を規制する「自治体による民泊禁止の条例」「営業日数の上限」「住宅専用地域での営業可」という大きな検討課題もある。

 町内での合法民泊宿泊施設数と違法民泊施設数は?
 合法民泊施設数や違法民泊施設数は把握していない

現在、Airbnbで北谷町を検索すると、300件以上の物件がヒットします。
初めて登録した時期は、沖縄で検索しても1ページだけだったときが懐かしい…

Booking.comで検索すると38件
楽天トラベルで検索すると51件

楽天トラベル等は同じ物件でも宿泊単価も高くとれる場合が多いです。
だからと言って、Airbnbに登録し楽天トラベル等に登録してない物件が全て違法民泊施設とは乱暴ですが、ほぼ許可を取ってない物件が多い印象です。

問 フィッシャリーナ地区で5ヶ所の宿泊施設(ホテル)建設予定、違法民泊施設のホテル等への影響の見解は
答 騒音、違法駐車等の悪影響を及ぼすと考える

問 騒音問題、路上駐車等、トラブル解消のため住居専用地域での民泊営業禁止条例を制定する考えはないか
答 県及び各市町村の動向を注視しながら検討していく

問 住民からの民泊客とのトラブル等、苦情、申告件数は
答 現在確認の苦情等は、商工観光課で2件、環境衛生課で2件

上記の状況を見ても、京都や北海道のように厳しい対応はしない、もしくは決め兼ねてるといった印象どうなるんでしょうか
旅館業許可を取得したちゃった方が安心安全に運営できそうです。

フィッシャリーナ地区で、ヒルトンの他に5つのホテルが建設予定というのが驚きです。
苦情が少ない印象ですが、軍属の外国人が多く住む地域でもともと外国人が多いので、
外国人旅行者が宿泊してもあまり変わりないのでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告