シロアリ被害!第01号物件で白蟻防除工事

9日に契約し鍵の引渡し、10日に入居ということで、
急遽7日に白蟻防除工事が入ることになりました。

不動産の業界にいたときから、この地域は海近で湿気もあり白蟻被害があると聞いていましたが、
実際に第01号物件にも

白蟻の魔の手が・・・

建物の基礎部分見ましたが(所有者でありながら初めて^^;)、べた基礎で土台部分に木が使われており、そこに白蟻被害を発見!!致命的な被害でないにしろ、かるく凹みます・・・orz

この土台はところどころ白蟻にやられてました。以前の白蟻防除により白蟻自体は発見されなかったけど、白蟻の通り道が確認され、それはカーテンボックスまで。

今回は、白蟻対策の薬剤全面工事のみお願いすることにしました。次の退去前には売却も視野に入れているため、巣まで退治するというセントリコンシステムは保留にしました。

以下に白蟻工事について

白蟻防除工事
建坪 約20坪 薬剤全面処理

約8万円

5年間保証はついているが、建物保証1,000万円は付かない。巣まで駆除出来ない。建物単体にバリアをはるイメージ
外周 約40m セントリコンシステム+薬剤防除

18万~21万

建物保証1,000万円。巣まで退治。周囲に薬剤の筒を設置し建物に白蟻を寄せ付けない

沖縄では、住宅にしろ不動産投資にしろ建物を購入する場合は、白蟻を無視できません。白蟻を軽く見ると大切な不動産の資産価値を著しく低下させてしまうリスクが高くなってしまいます。周囲に白蟻被害のあった地域は、特に注意が必要です。しかし、4,5年に1回薬剤処理をしなければならないのは痛手ですね(><;)

住宅やずっと所有し続けるなら、床下換気扇も考慮に入れていこうかと考えます。以前いた不動産業者の建築部門では木造もやっていたので床下換気扇を採用していました。不動産投資の場合は費用対効果がよければ採用を検討してもいいかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です