トイレリフォーム見積り①

第02号物件で入居者様から要望があったと管理不動産屋さんから電話がありました!
①屋上タンクの音がうるさい。
②台所流しの排水の流れが悪い。
③台所の電器を取り付けて欲しい。
④トイレの流れが悪い。
⑤カーテンレール取付け
との要望があったとのこと⇒大至急、見積をお願いしました。

サーターアンダギーをもらったときは上の中の2点でしたが、増えました。
もしや、サーターアンダギーは布石?
①、②は住んでいたときも身に覚えはないので、見積りの結果を待つとしましょう。
③、⑤は全然問題なくOK。④トイレの流れが悪いのは、確かに住んでいるときから悪かったです。

しかし、第02号募集時期は第01号の長期の空室でカツカツでした。
資金的に余裕がなかったのでそのままになってました。

業者はボールタップを変えて対応出来るとのことでしが、
購入前のリフォームでボールタップの取替えは完了済みで、あまり改善しそうにありません。
前々からトイレは取り換えたかったので、取り換えることにしました。

築36年という私より年上のトイレ、1回流すことに大量の水を消費します。
交換することでコチラの出費は痛いですが、お客さんにとっては水道料金が下がるし、
サービスの向上ということでよしとします。

『省エネ防犯推進委員会によると 4人家族1日大1回/小3回使用するとして
1970年 13リットル年間洗浄水量約75,920L、1990年8リットル年間洗浄水量約37,960L、2006年6リットル約30,660Lほど』
だといいます。

交換すると、リモデル用なので6リットルとまでいかないまでも、8リットルレベルにはなるはず。
1970年13リットル⇒1990年8リットルで

約50%も節水

できます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です